税理士試験.net リンク集 サイトマップ 税理士試験.net 

勉強方法

//Study method 勉強方法

勉強方法は、大きく分けて、自分で勉強する独学による勉強法と資格学校、予備校、通信講座を受ける勉強方法に分かれます。本や参考書を使っての独学で合格することはできるのでしょうか?

税法や簿記の知識の有無や学習経験の有無により変わると思います。税理士試験科目のうち、簿記論、財務諸表論、法人税法は、学習の前提としては簿記検定2級レベルの商業簿記の知識が必要となります。消費税法、所得税法、事業税には、学習の前提として簿記検定3級レベルの商業簿記の知識が必要です。それらについて全く知識のない場合の独学は厳しいですし、独学で簿記から勉強するのはちょっと効率が悪いです。

簿記知識があって、税法の知識もそれなりにあるとすれば、独学での合格も出来ると思います。過去問集や問題集を見て、解けるかどうか試してみるといいのではないでしょうか。過去問集や問題集が、完璧にとけなくても、あるていど解けるようならば、独学も不可能ではないと思います。

独学で合格できるかには、何年で五科目全てに合格する予定なのかにも左右されます。1年で全科目に合格し、税理士の資格を得たいのならば、独学は相当厳しいといえます。逆に、1年に一科目ずつ合格していく予定なら、独学でも合格できる可能性が高いでしょう。

独学の場合、資格学校・予備校、通信講座と比較して、効率が悪いというのは否定することはできません。短期間で確実に合格したい場合には、自信のある場合を除いて、独学は避けるほうが無難でしょう。独学は途中で挫折しやすかったり、勉強が継続しづらいという事もあるのです、特に、意思の弱い人は資格学校・予備校にかようのが理想だと思います。資格学校・予備校に通うことによって、心理的に半強制的に勉強を続けさせられるという環境が生まれるのです。

勿論、資格学校や予備校に行ったり、通信講座を受ければ必ず合格するというわけではありません、予備校にしろ、通信講座にしろ、講義を聴くだけでは頭に入りませんです。与えられたものだけをやる受身の姿勢ではなく、予習や復習などの自主学習も積極的に行う事が大切なのです。時間が限られている人は、予習よりも復習を重点的に勉強する方がいいと思います。復習しないうちに次の講義を受けるのだけはは避けましょう。

独学にしろ、予備校にしろ、通信講座にしろ、目的意識を持ち、集中して真剣に勉強して、こつこつと努力を積み重ねることが必要なのです。

Valuable information

HOME試験概要受験資格試験内容勉強方法仕事内容税理士の魅力リンク集サイトマップご意見・ご感想