税理士試験.net リンク集 サイトマップ 税理士試験.net 

試験内容

//Examination contents 試験内容

試験内容

>>会計学

以下の簿記論及び財務諸表論の2科目とも必須科目です。

1. 簿記論
式簿記の原理、その計算・記帳及び帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記を含みます。ただし、原価計算は除きます。

2. 財務諸表論
企業会計原則、会計原理、商法中商業帳簿及び会社の計算に関する規定、財産の評価、商法施行規則中総則、貸借対照表等の記載方法等及び純資産額から控除すべき金額に関する規定(ただし、特定の事業を行う会社についての特例を除く)、財務諸表等の用語・様式及び作成方法に関する規則。

>>税法

消費税法、法人税法(どちらか1科目必須)、所得税法、相続税法または酒税法、国税徴収法、住民税または、事業税、固定資産税の9科目のうち3科目を選択します。

税理士試験に使用できる文房具・計算機

>>試験に使用できる文房具

答案の作成には、必ず黒か青インクのボールペンまたは万年筆を使うようにしましょう。
鉛筆や消しゴムで消す事の出来るボールペンなどの筆記具、赤インクのペンや修正液(修正テープを含む。)は、使用できません。
なお、ホチキスは使ってもよいです。

>>試験に使用できる計算機

計算機は、次の4つの条件のすべてに該当する場合にのみ使用が認められています。

  1. 乾電池や、太陽電池で作動する電源内蔵式のものであること。試験場では、コンセントは使用できません。
  2. 演算機能のみを有するものであること。紙に記録する機能、音が出る機能、計算過程をさかのぼって確認できる機能、プログラムの入力機能があるものは、その機能の使用のみならず、計算機全体が使用できません。
    (消費税の税込み、税抜き機能のみを有する電卓は使用可)
    ※計算過程をさかのぼって確認できる機能とは、例えば、本人が入力した計算式や計算過程を記憶し、さかのぼって画面上で確認できる機能を差しており、計算結果(答)のみを確認する機能はこれに該当しません。
  3. 数値を表示する部分がおおむね水平であるもの。表示窓が極端に横に倒れるものなどは使用できません。
  4. 外形寸法がおおむね26cm×18cmを超えないものであること。つまり、おおむねB5判の紙からはみ出ない大きさの計算機を使用してください。

以上、国税庁より

check

ダイハツ
http://www.daihatsu.co.jp/

HOME試験概要受験資格試験内容勉強方法仕事内容税理士の魅力リンク集サイトマップご意見・ご感想